BPECとは?

業務改善手法BPEC

BPEC手法全体像

BPEC(Business Process Engineering Cycle)とは、BPデザイナーズが数多くの業務改善プロジェクト経験から確立した業務改善ツールです。

当社では、BPECツールを用いてお客様の業務の見える化を低負荷・低予算・短期間に実現し、より効果的な業務改善を支援します。

業務改善はもちろんのこと、システム開発の要件定義や、組織の要員計画、マネジメントスキルの向上など様々な用途において、現状把握をスムーズに完遂し、次のステップへつなげる為の手法としてご活用いただけます。

業務改善手法 BPEC(Business Process Engineering Cycle)のメリット

BPEC手法全体像
BPECの特徴

BPECツールは、担当者の負荷を最小限に抑えつつ、短期間に業務を抽出・見える化し、簡単に業務改善計画を継続させるために考案された手法です。

BPECのコンセプト

業務改善の主役は、改善施策の立案と計画です。

一方で、一般的に業務改善がうまくいかない理由としては、下記のような原因が考えられます。

  • 現状分析に時間と費用を掛け過ぎてしまう
  • 現状の問題の本質を正しく捉えていない
  • 社員への負担が重い
  • 業務改善計画立案の後で新たな事実が発覚する
  • バイデータで具体的な金額面のコストとメリットが把握できない

このように、業務改善施策の立案と計画に至る前提である、現状の問題把握の段階でつまづいてしまう、一度目はうまくいっても継続的な改善につながらないといった事例が数多く発生しています。

BPECでは、これらの阻害要因を回避しつつ、業務改善計画立案までの流れをスムーズに実施することで、継続的・効果的な業務再構築のサイクルを生み出していきます。

業務改善ツール BPECによる業務の見える化~業務改善のプロセス

業務テンプレートを活用した業務抽出
業務抽出

BPEC手法は、業務抽出から始まります。

BPECツールでは業種ごとに標準化されたテンプレートを活用し、簡単で低負荷な業務抽出を実施します。

業務抽出の結果分析
業務分析

業務抽出の結果を、分析します。

数多くの実績を基に定型化された負荷・スキル・属人業務・コスト分析を実施し、迅速かつ網羅的に問題業務の見当をつけ、次の工程へ引き継ぎます。

業務フロー作成
業務フロー作成

業務分析で問題業務と仮定された業務のプロセスを把握し、問題を明確化します。

業務分析の結果として問題業務を特定しているので、闇雲な業務改善が不要となります。また、引継法と呼ばれるヒアリング手法を用いることでフロー作成にかかる負荷を軽減します。

業務改善計画の立案
業務改善計画

業務改善施策を決定し、業務改善計画を立案します。

業務分析による組織としての全体最適と業務フロー作成による個別業務単位の部分最適という2段階検証によって、本質的かつ費用対効果の高い業務改善課題を明確にします。

業務改善から業務遂行まで
業務改善~業務遂行

立案した業務改善施策を遂行し、改善後の業務を実施します。

BPECの引継手法で作成した業務プロセスは、業務マニュアルとして社内に展開し、活用していただくことが可能です。帳票やシステムにリンクし、業務引継や新入社員教育にもご活用いただけます。

効果チェック
効果チェック

一定の業務遂行がなされた段階で改善の効果チェックを実施します。

業務改善アクションの効果検証、更なる改善施策の検討に必要不可欠です。この段階でもう一度業務抽出を実施することで、簡単・迅速に人件費や作業時間等をチェックしていただくことが可能です。

次なる業務改善計画へ
ネクストアクション!~次なる業務改善計画へ~

業務は改善しても、必ず再び変化していきます。

BPECツールを用いることで、業務改善に従来掛かってきた労力・費用を最小限に抑え、継続的に業務を再構築するサイクルを回していただくことが可能です。

業務改善を一過性のイベントにせず、常に組織として業務の実態を把握し、戦略策定、要員計画、人材育成等、様々なシーンでの生産性向上に寄与します。