FAQ

よくあるご質問

BPECキットについて
QBPECの導入で見込める効果ってなんですか?

ABPECはシステムの導入や業務改善において、現状の業務はどうなっているのか、を分析するツール・ソフトウェアです。業務負荷だけでなく、業務スキルや要員配置の偏り等、多角的に業務分析を実施し、現状の業務の問題の本質的な原因を明らかにしていきます。
現状を見える化(可視化)し、本質的課題を明らかにする手順を経ることで、システム導入や業務改善の効果的な遂行をサポートします。

Q内容を詳しく知りたいのですが、訪問デモ等は可能ですか?

Aはい。
主に関東を中心に営業が訪問し、商品のご案内をさせていただきます。
詳しくはこちらからお問い合わせください。

Q何ライセンスから購入できますか?

A1ライセンスからご購入が可能ですので、少人数での導入や試行運用もお手軽にお試しいただけます。

Q購入後のライセンスの追加はできますか?

Aはい、できます。
2ライセンス目以降は、購入価格がお得になります。

QBPECキットのライセンスはどうなっていますか?

ABPECはユーザーライセンスです。
決められた方以外が使用することは許されておりません。
使用者が複数いらっしゃる場合は、複数のライセンスの購入が必要になります。

BPECでの業務の見える化について
Q業務の見える化(可視化)はどのくらいの期間で実現可能ですか?

ABPECを使った業務の見える化プロジェクトは、従来の見える化手法を用いた業務の見える化プロジェクトと比較して、短期で実現していただくことが可能です。
平均的には、1か月~1か月半で1部門の見える化プロジェクトを完了しているお客様が多いようです。

Q既にシステム開発に取り掛かっていますが、見える化(可視化)は手遅れですか?

Aシステム開発前に見える化をした方が業務の見える化した結果をより有効にご活用いただけます。
但し、開発段階であっても現状把握が簡単にできますので、システム稼働時のリスクを事前に発見できる場合があります。
システム開発と並行して見える化に取り組まれることをお勧めします。

Q本当に、現場の担当者に負荷が少ないのですか?

A「業務の見える化」は実際に業務を担当している方の協力が必要不可欠です。
しかしながら、日々の業務に忙しい現場の皆様への負担がかかる方法では、協力を得にくくなります。
BPECは、業務を見える化するための負荷を最小限にする手法を取ることで、
抵抗感を少なく進めていただくことができる方法です。

操作について
Q操作方法を教えてもらえますか?

Aキットをご購入いただいた場合、BPECベーシック研修を1ライセンスにつき1名様が受講いただけます。
BPECベーシック研修では、BPECキットの操作方法ならびに業務の可視化プロジェクトの進め方についてご案内いたします。
また、メールでのヘルプデスクサービスがライセンス購入から3か月間ご利用いただけます。
操作上ご不明な点がありましたらお気軽にお申し付けください。

Qテンプレート一覧の中に、当社の業務に当てはまるものが無くてもBPECを利用できますか?

Aはい、できます。
BPデザイナーズ提供の標準テンプレートは、あくまでもプロジェクト準備を簡素化するために用意された、業態別の共通業務定義です。
仮に該当するテンプレートが無かった場合、簡単に作成していただくことが可能です。
テンプレートの作成方法については、キットご購入時に参加いただけるBPECベーシック研修にてご案内いたします。

Q業務分析の種類の追加はできますか?

ABPECキットの機能として、分析の種類を追加することは残念ながらできません。
しかし、業務量データベースはMicrosoft Excelファイルで作成されますので、Microsoft Excelのグラフ機能を利用して、自由に加工・グラフ作成していただくことが可能です。

サポートについて
Q導入時のサポートはしてもらえますか?

Aキットをご購入いただいた場合、BPECベーシック研修を1ライセンスにつき1名様が受講いただけます。
BPECベーシック研修では、BPECキットの操作方法ならびに業務の可視化プロジェクトの進め方についてご案内いたします。
また、メールでのヘルプデスクサービスがライセンス購入から3か月間ご利用いただけます。
操作上ご不明な点がありましたらお気軽にお申し付けください。

Q保守契約が切れた後もBPECを利用できますか?

Aはい、できます。
ただ、バージョンアップ版の無償提供をご利用いただけなくなりますので、ご了承ください。

Q保守契約が切れてしまったが、途中から保守を受けることは可能ですか?

Aはい、できます。
弊社へご連絡いただき、年間保守費をお支払いいただくことでいつでも保守を再開させていただくことが可能です。
※遡及してお支払

動作環境について
QWindowsとMACで使用できますか?

A残念ながら、MACでのご利用はいただけません。
Windows OSおよびMicrosoft Excelの環境をご用意いただく必要があります。

QExcelはどのバージョンから利用できますか?

AMicrosoft Excel2003以降でご利用いただけます。
但し、Excelの機能制限によって集計可能人数・集計可能業務数が変動しますのでMicrosoft Excel2007以降を推奨しています。

Mail Magazine