セミナー情報

セミナー名 【株式会社サン・プラニング・システムズ様共催】業務の棚卸・可視化・RPAの3ステップで進めるRPAソリューション解説セミナー
開催日 2017年09月27日(水)
開場 14:30 開演 15:00
概要 政府が主導する「働き方改革」において、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が注目されています。また、経営者の多くがRPA導入に期待する効果として、労働時間の短縮や、人的ミスの撲滅による業務品質の向上などが挙げておられます。

多くの経営者が注目しているRPA導入ですが、トップダウンで「いざRPA導入だ!」と急発進させる企業が増える一方で、プロジェクト担当者様からは「現場の業務実態が良く分からず、どこから手を付けて良いのか分からない」という悩みも良くお聞きするようになりました。

このようなお悩みを解決すべく、この度「RPAソリューション解説セミナー」をご用意させて頂きました。

本セミナーでは、「業務の棚卸」「業務プロセスの可視化」「業務の自動化(RPA)」の3つのステップで、RPA導入までの流れや進め方を分かりやすく解説。各ステップで有効なツールもデモを交えてご紹介するセミナーです。

本セミナーは下記URLよりお申込みください。
https://igrafx.info/seminar/rpa-tokyo/
定員 20名 会場 株式会社サン・プラニング・システムズ 本社 セミナールーム 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー 12F
詳細

14:30 – 15:00 受付

お一人様につき1枚お名刺をご用意ください。

15:00 – 15:50 セッション1

業務プロセス可視化の前に行うべき
業務の棚卸・整理・分析の3つのポイント徹底解説
講演概要

業務課題の抽出・整理・分析の方法論を事例を交え解説いたします。あわせて、この方法論に基づいてお客様主体でプロジェクトを推進するために作成された、ツール「BPEC」を御紹介させていただきます。

講演者

株式会社BPデザイナーズ
代表取締役
梁田 憲治 氏

16:00 – 16:30 セッション2

業務プロセスの可視化で実態をしっかり把握
業務可視化・改善ツール「BPR+」を使った実践解説
講演概要

業務棚卸で業務の洗い出しが出来たら、次は各業務の流れをフローチャート形式で可視化することで、業務実態をプロセスという形で把握することができます。

RPA導入においては、どの工程をRPA化するのかだけでなく、どの部分をRPAしたのかも含めて、全体像を把握して管理することが重要です。
本セッションでは業務プロセスの可視化に特化した専門ツール「BPR+」を例に、実際の可視化の工程をデモンストレーションを交えて分かりやすく解説します。

講演者

株式会社
サン・プラニング・システムズ
BPM推進部 部長
青木 伸夫

16:30 – 17:00 セッション3

業務自動化を実現できるRPAツールとは
「UiPath/ユーアイパス」を使ったデモ解説
講演概要

日本の純国産RPAツールだけでなく、海外からも続々とRPAツールが上陸してきました。

本セッションでは、各種RPAツールの概要解説だけでなく、豊富な開発機能と柔軟な管理機能の面で特に注目されている「UiPath/ユーアイパス」について、デモンストレーションを交えながら解説致します。

講演者

株式会社
サン・プラニング・システムズ
CS事業部
上村 剛

(講演終了後)アンケート記入・個別相談
BPEC/iGrafx/UiPathツールデモ

個別相談では業務棚卸、可視化、RPA導入などの質問に講師・スタッフが対応させていただきます。

業務分析ツール「BPEC」、業務可視化ツール「iGrafx アイグラフィックス」、RPAツール「UiPath」のデモ機もご用意をしております。

特に予約は必要ございませんので、セミナー終了後にデモコーナーでお立ち寄りいただき、是非、優れた操作性をご体験ください。

東京都中央区新川1丁目21
※のある項目は必須項目です。  
貴社名
部署名
役職名
受講者名
受講者数
部署名2
役職名2
受講者名2
部署名3
役職名3
受講者名3
部署名4
役職名4
受講者名4
部署名5
役職名5
受講者名5
郵便番号 -
住所
建物名
電話 - -
FAX - -
Mail
コメント

個人情報の利用目的について

ご記入いただいた個人情報は、以下の目的に利用します。
  • 展示会、セミナー、トレーニング、その他に関する参加登録
  • 資料請求に関する対応
  • 参加登録されたセミナーに関する確認、連絡、問い合わせ、回答
  • 商品、サービスの情報またはイベントに関する情報の連絡
  • 個人情報の第三者への提供について

個人情報の第三者提供について

ご記入いただいた個人情報はイベントの協賛・協力企業に提供する場合があります。
  • 提供目的:商品、サービスの情報またはマーケティング活動に関する情報の連絡
  • 提供項目:氏名、役職、法人名、部署名、連絡先(ご住所、電話番号、電子メールアドレスを含む)
なお、提供項目は目的達成に必要な最低限とし、提供手段は当社の定めた安全な手段といたします。 また、法令の定めによる場合、お客様ご本人および人の生命や身体又は財産の保護のために必要な場合、 あらかじめお客様ご本人から同意を得ている場合にも第三者に提供します。
Mail Magazine