【社長ブログ】新年のご挨拶とRPA導入セミナーについて

新年明けましておめでとうございます。

2018年が始まりました。
当社は12月が決算なので、新しい年度がスタートした形になります。

昨年はいろいろなキーワードがあったのですが、
「働き方改革」と「RPA」に集約されます。
業種や会社規模によっても違うかもしれませんが、当社の感覚では、
前半が「働き方改革」で後半が「RPA」というようなイメージでした。

RPAはまだまだ盛んなのですが、私が接するお客様では評判が微妙です。


・RPAを導入している最中だが、今ひとつうまくいっていない
・上から「RPAをやれ!」と言われているが、どうしたらいいかわからない
・RPA自体どのようなものかわからないので静観する

このような声が聴かれます。

 

BPデザイナーズの考えるRPA

 

BPデザイナーズのスタンスはあくまでも業務の可視化です。
業務を可視化して、問題事象を抽出して、その問題を解決する手段がRPAだと
思っています。

そこで、2017年にはパートナー様主催の「RPAソリューション解説セミナー」で
講演させていただいたのですが、来られたほとんどの方が「RPAは実際どこまで
自動化できるのか」の機能面に興味が集中しているように見受けられました。

ただ、大切なのは、

・どの業務に適用させるか
・RPAが属人化しないか(マクロだらけの再来)
・どれだけの効果があるのか(投資対効果)

という問題に直面することになると思います。

それを回避するためにも当社では、
「RPA導入の前にやるべきステップ解説セミナー」を開催することにしました。

ところが1月分が既に満席になってしまいましたので、
追加セミナーを2018年2月13日(火)に開催致します。
ご希望の方は、BPデザイナーズのホームページのセミナーページより
お申込みください。

今年はこのほかにも、「RFPの作成方法」や「BPEC体験会」などの
当社主催セミナーを月に1~2回開催する予定です。

 

今年も引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

 

株式会社BPデザイナーズ 梁田 憲治

Mail Magazine